制作実績

医師国家試験予備校メックの教材制作

株式会社メックのグループ企業として、医師国家試験予備校メックの各種教材を制作しています。

■テキスト

メックが実施するCBT対策、進級試験対策、卒業試験対策、医師国家試験対策の講座テキストです。
見やすさ、書き込みやすさを追求したレイアウトを採用し、講座と受講対象者に合わせたテキストを、年間約400タイトル制作しています。
テキスト表紙1

■模擬試験

『CBT メック模試』『5年生 メック模試』『春 メック模試』『夏 メック模試』『冬 メック模試』の年間5タイトルを制作しています。CBT試験、医師国家試験の分析を元に、メック講師だけでなく専門医や医学教育の専門家に問題作成を依頼しています。受験者が学力を正確に把握できることはもちろん、解説書で復習することにより学力を強化できる、質の高い模擬試験です。

詳細はこちら

模擬試験解説書

■テスト

講座の予習・復習テストのほか、医学部生を対象とした各種テストを制作しています。医師国家試験の分析や模擬試験の制作により蓄積したデータから、ニーズに合わせた問題を組み合わせて出題できることから、受験生だけでなく、メック講師などの教育者からも高い評価を得ています。
テスト

 

メック出版の書籍編集

医学生向けの書籍および電子書籍の企画立案から編集、営業ツールの制作、在庫管理などを行っています。

■コンパス産婦人科

産婦人科対策の大ロングセラー

産婦人科医として長年第一線で活躍し、医師国家試験にも精通されている西島重光先生による著書。医学生として知っておくべき知識が、疾患別のみならず診察、検査、治療など様々な切り口から学習できます。医学生だけでなく、産婦人科で初期臨床研修中の研修医にも役立つ、充実した内容です。

詳細はこちら
訂正等の情報はこちら

コンパス産婦人科

■主要症候ハンドブック

症候から疾患を想起する「引き出し」を強化

例えば、「お腹が痛い」という患者を前にしたとき、医師としてどんな疾患を思い浮かべ、どんな対応をとるべきか、16の主要な症候ごとにコンパクトにまとめました。医師国家試験の臨床問題では、問題文の「主訴」「症状」「検査データ」から診断し、設問に正解できなければなりません。複数の疾患を想起し、診断に至るまでのキーポイントがまとめられた本書は、新しいタイプの参考書として注目されています。

詳細はこちら
訂正等の情報はこちら

主要症候ハンドブック

■臨床検査診断ハンドブック

臨床問題の検査値を読むポイントがわかる

医師国家試験の臨床問題の得点力をアップするために、医師国家試験出題基準(ガイドライン)に準拠した69の検査項目を解説しています。それぞれの項目に該当する国試過去問も掲載し、問題文のどの検査値に注目して正解へとたどり着くべきかを、具体的に提示しました。

詳細はこちら
訂正等の情報はこちら

臨床検査診断ハンドブック

■ねじ子とあんしんマッチング

初期臨床研修制度の攻略本

医師国家試験に合格したら、次は初期臨床研修です。本書は、研修病院が決まるマッチング制度に関わる「病院選び」「見学方法」「試験対策」についてまとめました。医師兼漫画家として活躍されている森皆ねじ子先生が、イラストやマンガを盛り込みながらわかりやすく解説しています。有意義な初期研修生活を送るためには、自分の目的に沿った病院にマッチングすることが最も重要です。

詳細はこちら
訂正等の情報はこちら

ねじ子とあんしんマッチング

■ポリクリポケットブック

実習に必要な知識・データをポケットサイズに

医学部での臨床実習や初期臨床研修でよく必要とされる知識をポケットサイズにまとめました。白衣のポケットに忍ばせておけば、「診察のすすめ方」「検査値」「薬の特徴・副作用・一般名・禁忌」などが、必要になった瞬間に確認できます。「アンチョコ本を持つのは恥ずかしい」という声から、ビニールカバー内のシートを変えることで、手帳などに見せることができるようにしています。

詳細はこちら
訂正等の情報はこちら

ポリクリポケットブック

 

オリジナル教材の企画・制作

ご依頼内容に合わせた教材制作だけでなく、独自に企画した教材の制作も行っています。

■医師国家試験 問題・解説集

医師国家試験の全500問を科目別に学習できる問題・解説集

本書のシリーズは医師国家試験の回数別に、500問を科目別に振り分け、問題とその解説を掲載。
全42セットから必要なものだけを選んでご購入いただけます。
国試ごと、科目ごとに冊子が分かれているので持ち運びにも便利です。
自分に必要なものがきっと見つかります。
各種試験対策にぜひご活用ください。

詳細はこちら
訂正等の情報はこちら

問題解説集

■解剖ノート

解剖の基礎学習に便利な、書き込みタイプのノート

解剖の基礎を学ぶうえで重要な臓器だけを集めた、選りすぐりのイラスト38点を掲載。
このノートでは、講義で学んだことを復習しながらノート(イラストや方眼紙)に書き込むことで、解剖分野を具体的にイメージしながら覚えることができます。たとえば「各部名称」「関連疾患」「一部障害時の周辺器官への影響」など、学習の目的に合わせて書き込み、独自のノートを作り上げれば、記憶の定着に効果的です。
『MEC解剖・生理講座』や『MEC臓器別講座』の復習、グループ学習の補助教材としてもオススメの1冊です。

詳細はこちら
訂正等の情報はこちら

解剖ノート

■一般・臨床/総論・各論 問題・解説集

医師国家試験の5年分・計2,000問を“分野別”に学習できる問題・解説集

本書のシリーズは「一般総論」「臨床総論」「一般各論」「臨床各論」の4種に、直近5年分の医師国家試験の必修問題を除く各400問(計2,000問)を振り分けています。
“分野別(ガイドライン別)”に学習することができますので、自分の苦手分野を効率的に克服することができます。
直近の国試の学習が“不可欠”な国試・卒試への対策にぜひご活用ください。

詳細はこちら
訂正等の情報はこちら

一般・臨床/総論・各論 問題・解説集

■平成30年版医師国家試験出題基準

国試合格の「トリセツ」本

医師国家試験出題基準(ガイドライン)とは、国試の「妥当な範囲」と「適切なレベル」が項目によって整理され、国試の問題はこの『ガイドライン』と『ブループリント(ガイドラインの各項目の出題割合を示した国試の設計表)』に基づいて作成されます。
本書は第112回以降の医師国家試験に対応した最新のガイドラインで、前版となる平成25年版ガイドラインと比較し、最新のガイドラインにおける「追加項目」「削除項目」「変更項目」や、ブループリントの「出題割合の変更点」を見やすくまとめております。
ガイドラインを熟知し、国試合格への最短ルートを進む“道しるべ”となる一冊です。
ぜひご活用ください。

詳細はこちら
訂正等の情報はこちら

平成30年版医師国家試験出題基準

■習熟判定 問題・解説集

MEC講座の習熟度を確認するためのテスト形式の問題・解説集

本書は、『MEC臓器別講座』『MEC産婦人科講座』『マイナー対策講座』などの掲載問題を、「正答率」と「識別指数」に基づき、国試を受けるうえで「必須な問題」や「合否を分ける問題」に選別しています。
科目・疾患・選択肢がシャッフルされた問題が掲載されていますので、解き進めることで暗記での解答ではなく、講座の内容や疾患の概念などを理解したうえで解答できるかなどを確認することができます。
本書はテストとしても使用可能で、巻末に「解答用紙」を設けています。
本書を解き、自分の弱点をあぶり出して講座を再受講するなど、ご活用ください。

詳細はこちら
訂正等の情報はこちら

習熟判定 問題・解説集